平成17年分以後の年末調整・確定申告では
「国民年金保険料控除証明書」の添付が必要となります。

 平成17年度の税法改正で、国民年金の保険料や国民年金基金の掛金(国民年金保険料等)について社会保険料控除を受ける場合は、年末調整または確定申告の際に「国民年金保険料等の金額を証明する書類(控除証明書)」を添付することとされました。
(所法120B・所法196A)

 従来は、社会保険料控除は支払った金額の申告のみで控除を受けられましたが、本年からは国民年金および国民年金基金に限り、控除証明書が必要になります。