平成17年10月より
改正介護保険法が一部施行されます。

改正介護保険法(平成17年10月施行)の概要

1.居住費用・食費の見直し

(1)居住費(滞在費)を保険給付の対象外とすることに伴う介護報酬の見直し
   従来の居住費(滞在費)は全額自己負担になります。

(2)基本食事サービス費の廃止に伴う介護報酬の見直し
   食費は全額自己負担になり、基本食事サービス費は廃止されます。

2.低所得者等に対する措置

(1)高額介護サービス費の見直し
   保険料段階の「新第2段階」(年金収入が年間約80万円以下など)について
   は、現行の月額上限が引き下げられます。(月額上限2.5万円→1.5万円)

(2)旧措置入所者の経過措置の延長
   介護保険法施工前に、措置(=行政処分)により特別養護老人ホームに入所
   した者に対する利用者負担の経過措置の延長を行います。

(3)社会福祉法人による利用者負担の減免の運用改善
   軽減の対象とする費用から日常生活費を除外し、居住費と食費を追加します。
   また、軽減の程度は、利用者負担の1/4(老齢福祉年金受給者は1/2)を
   原則とし、免除は行いません。