中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ!

 

 





 以前に「牛丼とラーメン」というタイトルで書いたことがありました。今回はもう少し掘り下げて書きます。

牛丼の店には、個人でやっている店はほとんどなく、吉野家、松屋、すき家といった大手チェーン店が一律に280円という価格で商売していました。なぜ価格が同一でないと競争できないのか。私はこれら各社の牛丼には個性や独自性がないため、お客様に対して差別化できないから、同一価格の競争しかできないのだと思っています。この市場では、コスト競争が利益の源となりますから、資本力のない個人商店や中小企業には不向きです。

牛丼には、どこどこの牛丼が食べたいという食欲が湧かないのに対し、ラーメンには、どこどこのラーメンが食べたいという食欲がわきます。私たちも社員旅行で北海道札幌に行ったとき、わざわざタクシー代5,000円以上払って、1,000円くらいのラーメン(店名一すみれ)を食べに行き、大変満足した思い出があります。ラーメンは価格が300〜1,000円以上と幅があり、高い店でも行列ができています。なぜ行列に並んででも食べたいのか、それはラーメンの価格より、お客様の感ずる価値が高いからではないでしょうか。この価値は、ラーメン店各店が自分の店の味を出して、常にお客様の好みに合うように研究し、改良しているからではないでしょうか。だから「どこどこのラーメンが食べたい」とお客様が価格ではなく、お店で選んでいただけるのです。

私たち中小企業は、行列のできるラーメン屋を目指すべきです。そのためには、お客様の目から見て、その会社の独自性がはっきり認識できることが必要です。その業界で「ブランド」になっていれば申し分ありません。「虎屋の羊羹」「崎陽軒のシュウマイ」等です。しかし、多くの中小企業が行列のできるラーメン屋になるためには、もっと簡単でお金もかからなく歴史も必要のないやり方でないと意味がありません。中小企業が「ブランド」になるためには、会社自身がお客様・仕入先・社員・地域から信頼されること。できれば尊敬されることではないでしょうか。社内では社長・役員が社員から尊敬されている会社は、社員が会社は小さくても家族に誇りを持って、「お父さんはお母さんは……こういう素晴らしい会社に勤めているんだよ」と子供に言えるのではないでしょうか。また、会社の周りをできるだけ広い範囲で掃除をしたり、挨拶をしていると、社員が地域の人々から感謝され、尊敬され、ブランドになります。

会社は、大きくなることや利益を多く出すことが目的ではないと思います。小さくとも会社に独自性があって、社員に誇りがあって、時代の変化についていける永続性のある会社がよい会社です。

AAAA