東京の有名な経営者の古田士 氏のお話です。

儲かる仕組みを作ろう







多くの中小企業は売上高が減少傾向にあり、下げが止まりません。資金繰りに走り回ってい

て営業ができなく、ますます売上が落ちるという悪循環に陥っている会社もあります。

その中でも少数ではありますが、増収増益の会社があります。

業種は関係なく伸びている会社があります。伸びている会社を分析して真似できないかと私は

いつも考えています。

自分の会社が今、売上減少、赤字だとしても自分の会社がどうしていたら、あのようなよい

 会社になれていたかをイメージしています。過去を振り返ってあの時ああしていればもっと成

長していた、あの時欲を出して株や土地を買わなければよかったとか、いっぱいあると思いま

す。それからよい会社の真似をするところを探し出し実行します。

この時にとても大事なことはよい会社のどこを見るかです。儲かっている会社は、儲かる仕

組みがあるということです。

儲かる会社にする仕組みとは、戦略によって儲かる仕組みを作っているということです。戦術

による仕組みのみでは大きな努力が必要です。いくら掃除や挨拶を一生懸命やっても会社は儲

からないと思っています。

掃除や挨拶、社員研修によるモチベーションのアップは戦略ではなく、戦術だからです。

戦略が時代の流れに合っていることが大前提です。自社の商品やサービスが時代に合わなく

なったり、強い競争相手や競合するよい商品・サービスができたら市場に存在する価値がな

くなります。

生き残り成長するためには、自社の商品やサービスを進化させるしかありません。これは戦

術でなく戦略です。もし会社が掃除や挨拶、社員教育で儲かるようになったらそれはもともと

よい商品とサービス、お客様があったのを社員教育等の戦術により儲かる仕組みができたと思

ったほうがよいと私は思っています。

企業は人なり」と言われますが、この人とは社長です。社長が学ぶべきは「儲かる仕組みを

作る戦略」です。これは人から教えてもらうというより、社長が現場を見たり、人から話を聞

いたりして、考えて考えて捻り出すものではないでしょうか。

技術を学ぶことに熱心でもお客様に喜ばれること、社員の人間性を高めることに熱心な同業

者は少ないので、市場は無限にあり、ますます安定的に成長し、会社は儲かり社員が増えてい

くのがはっきりとイメージできます。大事なことは儲かる事業構造を作り出す戦略です。人か

らパクるのは儲かる仕組みを作る戦略、次に戦術です。

 

※ この文章は偉そうなことが書いてあります。我社では業務ミスもありお客様に多大な

ご迷惑をおかけしていることもあります。言っていることとやっていることが違っています。

その差をなくすために努力しています。これを承知で読んでいただければありがたいです。

 

 

                                   以上