京セラ 稲盛名誉顧問のお話の要点

〜人生 仕事の方程式 考え方 × 能力 × 熱意@







1.創業時の状況

27才のとき、京セラを創業した。1959年会社をスタートさせた。資本金は、300万円でした。

1,000万円銀行から借りた。

 

- 人生、の方程式 考え方 × 能力 × 熱意

 

-2・学校の入学試験も、就職も、挫折した経験がある。

   ・ずっと、人並の人間が成功するには、どうしたら良いか考えていた。

 

-3 考え方・・・哲学・信念

          100点〜100

           世を恨み、人をねたむ・・・マイナスの考え方

           少しでもマイナスの考え方→大きなマイナスの結果

 

-  能 力・・・先天的なもの、運動神経など

          0点〜100

        

-  熱意・・・情熱、やる気、懸命の努力

         0100

         ・己の意思で決めることのできる誰にも負けない努力

         ・ビジネスの世界では、相手以上の努力が必要

         ・時間的なものではなく、継続する努力

         ・京セラでは、平凡な能力であっても、前向きな努力を続けると大きな成果

がでる。

-  具体例   ・能力 × 熱意 × 考え方

         40 × 60 × △90 マイナス 216,000

-  プラスの考え方

         ・つねに前向き、建設的で、良い思い、良い行い。

         ・協調性

         ・明るい

         ・善意

         ・謙虚、努力

         ・足るを知る。感謝の心

-8 マイナスの考え方

         ・あしき考え方、悪い思い。

         ・うしろ向き、否定的

         ・暗い、否協調的

         ・傲慢な立ち居振る舞い

-9  少しでも良い考え方をもつように

どのような思想をもつかは、個人の自由。万人がおれば、万人の考え方がある。

どのような考え方も自由。

 

-10 しかし、自分がどのような考え方をもつかで、人生が変わることを知っ

    いる人は少ない。運命は180度変わり。燃えるような熱意、信念となる。

 

以上