人は行動でしか変われない








大リーガーの松井秀喜選手が高校時代感銘した言葉として「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人間性が変わる。人間性が変われば人生が変わる」というものがあります。この言葉で一番大事なのは「行動」することではないかと私は思っています。

次に「心」です。行動していれば習慣になり、よい習慣は人間性を高め、人生そのものを変えます。中学生のキャリア研修として一日研修を受け入れていますが、子供たちにいろいろ質問します。「お父さん、お母さんは何のために働いているの」「食うためです」「朝起きたらお父さん、お母さんに何て挨拶するの」「おはよう」。また就職説明会で学生たちに「何のためにこれから働くの」「生活のためです」。また「何のために挨拶をするの」「自分がコミュニケーションをとるためです」。心がすべて自分に向いています。自分中心の考え方です。自分中心では行動が習慣になりません。長続きしないということです

子供たちには親は家族のため、会社のため、世の中の役に立つために働いていること、挨拶は「おはよう」ではなく「おはようございます」と言いなさい。親と子は友達ではなく、上下関係である。学生には、生活のために働くと仕事が苦痛でつらいものになるよ。仕事をワクワクドキドキしながら楽しくするためには、仕事をする目的を自分のことではなく、自分以外のコトに置くと頑張れるし、成長もすると話をしました。

挨拶も同じです。挨拶は一日の始まりで人と人とがする最初の行動なのに、自分のことだけ思って挨拶していたのでは、相手に伝わらないばかりか徹底もできません。

スーパー成城石井の大久保社長によると、お客様がいつも行く店を変更する大きな理由は、「店員の感じが悪かった」これが圧倒的に多かった。そこで「売上は気にしなくてもよいから、挨拶をしっかりするように」と指導したら売上があがったと言っています。

挨拶を徹底するコツは心を自分に置くのではなく、相手に置くことです。挨拶は相手に元気になってもらうため、相手に喜んでもらうためと定義しています。この定義に従った挨拶をしていないと、何度もやり直しをさせます。相手を元気にするために挨拶のしかたを工夫し、徹底していきます

挨拶の目的が明確だから、心が変わるから行動が変わります。行動というコトを起こさないと変われません。会社をよい会社にしようとするなら、よい行動をする。それが習慣になり、人間性を高め、人生まで変えてしまうのは、挨拶と掃除ではないでしょうか

トイレには女神様がいたり、掃除が縁で結婚相手が見つかった。掃除を続けていたら運がよくなった、そういう本もいっぱい出ています。行動でしか変われない。理性とか知性は行動の邪魔をする。感性で働く。人は正しいか正しくないか、損か得かより好きか嫌いかで判断する。感性を磨くためには素直になること。使命感、責任感を持ち、想いを強くすること。今をココを大事に生きること。前後裁断、理性、知性は線、感性はつながらない。これからは点の時代、感性の時代ということを教えていただきました。

リーダーとして人を動かすのは知性とか理性ではなく波動です。波動とは気力と気迫です。私たちは波動で行動していきます。志を高くすれば気力はますます充実します。


 

以上