お客様に買う理由を教えよう!!







どうしてバレンタインデーには女性が男性にチョコレートを贈り、ホワイトデーには男性が

女性にお菓子を贈るのでしょうか?アメリカや中国ではバレンタインデーには、男性が女性に

バラの花を贈るのだそうです。

バレンタインデーはメリーチョコレートの原社長が、今から40年以上も前にチョコレート

を売るために始めたキャンペーンが功を奏して国民的な行事になっています。

ホワイトデーはチョコレート屋さんだけを儲けさせるのは悔しいということで、マシュマロ

屋さんが始めたものです。

このようなキャンペーンを日本で最初に始めたのは、エレキテルを発明した平賀源内と言わ

れています。鰻屋さんから頼まれて「土用の丑の日には鰻を食べましょう」というキャンペー

ンを行いました。お陰さまでうちの会社では7月の土用の丑の日には、全社員で鰻弁当を食べ

ています。

このように私たちが習慣として食べていたり行っていることは、実は売り手が買い手に買う

理由を教えてあげているだけです。買い手は売り手に買わされるのです。我々商人は常にお客

様があきない()ように商品・サービスを工夫し進化させなければなりません。

例えば花屋さんは、バレンタインデーにバラの花を贈りましょうとか、煎餅はこういう日に

誰に贈りましょうとか、売り手が買い手に教えてあげるわけです。桜が咲いていますが花見に

一番合うお酒は何なのか、プロである酒屋さんが教えてあげれば「とりあえずビール」のビー

ルより売れる可能性があるのです。私たちの本業でも同じことが言えます。

お客様になぜうちの会社と取引しなければならないのか、同業者や他の店ではなく、なぜう

ちの会社うちの店なのか、明確に伝わっているでしょうか。その前にうちの社員にうちの会社、

うちの商品・サービスの素晴らしさが理解されているでしょうか。社員が熱狂的なファンにな

っているでしょうか。巨人や阪神を応援するように、うちの会社を熱狂的に応援してくれるお

客様や社員がどのくらいいるでしょうか。このような会社、お店にするコツは、教えてあげる

ことではないでしょうか。

まず社員に他の会社と取引をしているお客様はかわいそう、こんなよい商品なのにこれを使

用しないお客様は不幸だと信じてもらうことです。熱心な社員が熱心なお客様をつくります。

社長は社員に会社の欠点ではなく、会社の素晴らしいところをもっともっとアピールすべきです。

 

以上