女子高生の教え







今月のタイトルを見たとき、今までのタイトルと違うので、路線変更かと思われたので

はないでしょうか。しかしご心配なく。今月の内容も私が感動したことを皆様にお話をし

たくて書きました。

この話は、私どもの女子社員がマクドナルドで食事をしていたときに、隣の席にいた女

子高生の2人の会話を小耳にはさんで感動したという話です。その話を聞いて私も感動し

ました。1人の女子高生がもう1人の女子高生にアドバイスをしていたそうです。話の内

容は堅い表現をすると自己実現です。アドバイスの内容を要約すると、仮にA子さんとしま

す。「A子さん、自分が成長するためには、自分の置かれている状況(立場)をイイこと、

悪いことすべてを受け入れることヨ」。そして「目的をはっきりさせて、どうなりたい。

どうしたいということを具体的な目標にして、誰よりも強く思うことヨ」。さらに続けて

言うのには「自分の上に5人の人がいたら、1番の人をすぐ目指すのではなく、まず4番

目の人に近づき、追い越すために努力する。次に3番目、2番目と続く……。2番目にな

ったら、1番目になるために今まで以上の努力をすることヨ」。

いかがでしょうか。この話、私たち経営者・幹部でもなかなかできない話です。説得力

とは、相手に伝わらないと意味がないのですが、何と説得力のある話し方なのか。すごい

女子高生だと思いました。

この話を会社経営に置き換えると、とてもよくわかります。会社には経営理念が必要で

す。経営者の強い想いを短い言葉に凝縮したのが、経営理念です。経営計画を作るという

ことは、まず自社の置かれている状況(人・物・金・情報など)を経営者がしっかり分析

し、会社の長所・短所を受け入れて、5年後、10年後の自社の姿を強くイメージするこ

と、文章にすること、そのためには長期事業計画により1年後、2年後と具体的に5ヵ年

計画を作ります。急に大きな夢は実現できません。夢を実現するためには、当然ですが今

までと同じ努力ではいけません。女子高校生と同じ説明になります。

中小企業のほとんどの経営者、経営計画書を作っていません。また決算書(数字)中心

の計画書も多くあります。このような計画書ではあまり意味がないと思います。ず社長

が自ら作ることに意味があります。

経営者の想い・方針は、社長自らが作ってください。初めて作ったものは、社長にとっ

て本意ではないかもしれませんが、5年も続けると目標達成、戦略力が驚くほど身につき

ます。(杉田会計も応援いたします。)

今から準備してください。勝負は戦う前についてます。

 

以上