「会社を潰すのはトップ、伸ばすのはナンバー2」







致知3月号の“運とつきの法則”の中で西田文郎さんは「伸びている会社に間違いなく共通して

いることがあるんです。それはナンバー2の存在です。いろいろな会社を見てきましたが、会社を

潰すのはトップです。だけど会社を伸ばすのはナンバー2ですよ。間違いない。絶対に経営者1

では会社は大きくできませんから、そういうナンバー2との出会いがあるかどうか、そこが経営者

の命運の分かれるところですと言っておられます。私が出会いたかった言葉は、今月号のタイト

ルとナンバー2との出会いがあるかということです。私はナンバー2は育てるものではなく出会う

ものだと思っていましたから、私の考えと一致しているので引用させてもらいました。今月号で私

が強調したいのは、会社を潰すのはトップだということです。

私は開業以来29年間うちのお客様以外も含めて、また倒産した会社も含めて、2,000社以上の

 会社の決算書を分析していますが、お客様のせい、社員のせいで倒産した会社はほとんど記憶にあ

りません。ほぼ100%社長のせいで倒産しています。

私は決算書を見るとき、儲かったとか儲からなかったとかを表す損益計算書よりも貸借対照表を

重視しています。貸借対照表には経営者の人格が表れていると思っています素晴らしいB/S(貸借

対照表〉に出会うと感動します。素晴らしいB/Sに出会いました。日本で一番大切にしたい会社大

賞の選考委員になったものですから、ノミネートされた15社の分析をしたらそこに理想のB/S

ありました。まず現預金が多く、借入金はないか、少なく、自己資本比率が50%以上ある会社が多

かった。メーカー、小売、サービス業に関係なくです。

私は質問しました、「スーパーで5店舗もあり駐車場も必要なのにB/Sに土地、建物の金額も少な

く、敷金保証金も少ないのはなぜですか」と。答えは、地元の地主さんが協力的で安くしてくれて

いるとのことです。地元にとってなくてはならない店になっているために多くの人々が協力してく

れている素晴らしい会社です。

日本の企業は土地、建物を借入金で目いっぱい購入し、保証金、敷金も多額に払っています。

B/Sの左側が重すぎます。そのために多額の借入金をかかえ、多額の返済額に苦しんでいます。借

入金の返済原資は利益ですから、利益を出すために仕入先に無理な値引を要求し多く売るために値

引競争をして儲けのない商売をしています。

ノミネートされた企業はいずれも財務体質がよく無借金の会社も多いため、売上拡大に走ること

なく、仕入先、外注先にも優しく、自社の社員と同様に外注先の社員と家族も大事にしています。

つまり、財務体質がよいとよいものを少々高く仕入れてもお客様に満足していただける価格で販

売し、十分な利益を出せるということ。よって会社の財務体質が価格(P.V)を決めます

3月11日の東日本大震災で今後各企業の売上高は減少すると思われます。売上高が減っても、

経営効率の一番の指標である総資本経常利益率を高めることは可能です。売上が減っても利益を出

しましょう。B/Sの左側を軽くすることによってお金を捻出しましょう。限られたお金の使う順序


間違わないでください。絶対に倒産させないでください。打つ手は無限と思ってください。

 

 

以上