「本当の利益を出そう」


利益には、いろいろな利益があります。経営計画でいう利益は、経常利益です。経

   常利益までが、全社員で協力してあげられる利益だからです。今回は、未来の利益で

はなく、現在および過去の利益について書かせていただきます。

利益には、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前利益、税引後利益、配当、役

員賞与支払後利益といろいろありますが、私は、会社の本当の利益とは、配当、役員

賞与支払後利益―(マイナス)長期借入金返済額だと思っています。この計算式に減価償却費

を入れないのは、減価償却費相当額を定期積立金にすれば次に買うときは、無借金で購

入できるからです。

私の考えでは、税金もコストであり、配当もコストです。

利益とは、社員を守るためのコストであり、事業存続のためのコストですから、1円で

も多くの利益を蓄積して会社をつぶれにくい体質にするのが経営者の役割です。ですか

ら、会社の体質が強くなるまでは、節税をして、納税額を減らす。

配当も少なめにするのがよいと思っています。資金という切り口で経営を見ると、赤字

でも経営上黒字のケースがあり、黒字でも経営上実質的に赤字のケースがあります。例

えば、決算上1,000万円の赤字でも、減価償却費が3,000万円あって、無借金の会社は、

他の科目に変化がないと仮定すると、資金が2,000万円増えます。会計上1,000万円の赤

字でも心配いりません。反対に会計上1,000万円の利益が出ていても減価償却費が同じく

3,000万円、しかし借入金の返済額が6,000万円あれば資金は2,000万円減ります。さらに

1,000万円の利益に税金、配当が重なると資金はさらに減ります。本当の利益とは、手許

にいくら資金が残るかということではないでしょうか。借入金の多い会社は無借金にな

ったときから、本当の利益が出ると思ったらよいのではないでしょうか

土地・建物を買うと、会社は利益が出ます。今まで家賃・地代を払っていて、経費に

   なっていたものが、購入後借入金の返済になり、会社の経費にならなくなります。会社

は儲かっているように見えます。そして、同じ条件なら税金が増え、配当が増え、地代

家賃より借入金の返済額のほうが多いでしょうから資金不足になります。

借入金の本質は、利益の前倒しです。なぜ借金をするのか、利益を出すためです。設

   備投資、人材投資、在庫投資、すべて利益を出すためです。借入金は毎月の返済額が大

   切です。

金利よりも大事な会社があります。利益を出すために借金をするのですから、借入金の

返済は、利益の範囲内でなければならないというのが原則です。ですから、不良資産等

の売却により売却損を出し、節税をし、売却額の入金を借入金の返済に回せば、月々の

返済額が少なくなり、会社が稼得しなければならない利益は少なくなり、反対に借入金

返済の多い会社は稼得しなければならない利益は多くなります。したがって、会計上の

利益は借入金返済額の多少により評価されるべきです

 

 

以上