N0.30

 平尾誠二氏の講演会でのお話しを紹介します。
神戸製鋼ラグビー部のゼネラルマネージャーの平尾誠二氏は、神戸製鋼時代、連覇に次ぐ連覇で一躍有名になり、その後、選手から指導者に転身し、ユニークな若者の育成方法を実践されています。

もうかる会社・コーチング


コーチングの話しと言っても、その具体的方法ではなくおよそ精神論のよ
 うな話しでした。


・自身のラグビーでの体験と、その後ラグビーを指導する立場になった時の
 体験から、最近の若者に教える方法や傾向を話されていました。


昔との違い若者の考え方
 
   昔: 罵倒されても、けなされても、ナニクソと立ち上がり反発した。
      立ち上がり反発する精神や勢いが次の成功を生む

   今: 「やめてまえ」というと本当に辞めてしまう。反発はない。
       辞めてしまうのでそこで終わり。上手くなる前にイヤになる

 

   対 策 

   

   実力がつくまで怒ってはならない
   ・手の届くレベルの課題をやらせ自信をつけさせる

   ・指導は詳細に支持し、やる事を事細かに指示する
   ・「期待している」と伝えるわからせる

                       

 実力、自信がつくと本人が面白くなって勝手にレベルUPして


昔のやり方で叱り怒り厳しくやっていくと誰もいなくなる。上手く誘導して実力、自信をつけさせヤルキにさせる必要があります。

数多くの若者を指導してこられた中での実体験に基づく話しでためになりました。

腫れ物に触るように扱う観は否めないが現在の若者の現実であり、それを上手くコントロールできないと従業員を雇い経営していけないようです。