NO.16
船井総研会長 船井幸雄氏著「成功塾」から



今月は船井総研の「船井幸雄会長」のお話しです。

最近セミナーの最前列で、直接お話しを聞いたので船井先生著の「成功塾」に
目を通しました。そのあらすじを下記に述べさせて頂きます。

1.セミナーのあらすじのポイント

  ・経営のコツは10コ程あるが、そのうちの1つが「客の固定化」(特定客)
   を、たくさん持つこと。私(船井先生)自身、「客の固定化」のために
   いろいろな工夫をした。
   例えば、船井総研立ち上げの時
       来客を見送るとき、その姿が見えなくなるまで見送った。
      ・会った人には、その日に礼状をすべて出した。
      ・会った人には、みやげを用意した。

2.船井幸雄の「成功塾」(ダイヤモンド社)のポイント

 1)「夢と希望と具体的な目標をもってその実現を確信し、イメージ化
   すると、たいていの事は成功します。
   出来るだけありありと、具体的に重い描くようにします。
   しかし、正しくないことや必要以上のことは、望まないようにしま
   しょう。」

 2)成功のプロローグ
  @プロローグ
   ・権威(信用)がなければ、ビジネスの世界での成功は考えられない。
   ・顔を知っているだけでは意味がない。特別化した人脈こそビジネス
    成功の必須条件
   ・相手がして欲しいと思うことを誠心誠意してあげたら、本物の人脈が
    できる。
   ・特定のお客がして欲しいことに全面的に対応するような仕組みが作れ
    たらどの業界でも勝ち。

  A成功の第一原則
   ・・・自分の今の仕事を天職と信じよう
    
・天職をイメージできる人は、そのための厳しい生き方を実践すれば
     たった3年で大きな差がつく。
    ・困難から逃げ出さずに生命がけでやらなければ、チャンスを逃して
     しまう。

  B成功の第二原則
   ・・・人に応援してもらうようにしよう。
    ・相手が本当にして欲しいと思っていることをしてあげる、
     これが応援してもらうコツ
    ・面倒くさいと思うことを即時処理できる人は、お客の信頼を
     得られる。
  C成功の第三原則
   ・・・「宇宙の理」に従う生き方をしよう(独特の言い回し)
    ・エゴ中心にしか物事を考えられない人は、他者から応援して
     もらえないだけでなく、間違いなく生きにくい環境になる。

  D成功の第四原則
   ・・・勉強好きになり、プラス発想しよう!
    ・成功の必須条件は素直・勉強好きで、プラス発想できること。
    ・メモを取らない人は、貴重な情報やチャンスを自ら捨てている
     ようなものです。
    ・心配しても仕方ありません。納得してプラス発想にベストを尽くす
     べきです。

  E成功の第五原則
   ・・・失敗も感謝して成功の糧にしよう。
    ・仕事でも人生でも、失敗こそもっともいい勉強。
     “つまづき”の経験が人生を育てる
    ・仕事と遊びを分けるのが正しいと考えるのは間違い。私の人生も
     仕事ばかりでした。
    ・失敗は責任をとれる範囲に収め、反省する時はプラス発想を心
     がける。

  F成功の絶対原則
   ・・・成功を確信しイメージ化しよう!
    ・吉田松陰の人材育成の五箇条を実行しよう
     →1)長所伸長し、短所にはさわらない
      2)付き合う人を褒めて認めて喜ばせて、みんな好きになって、
        その人のために全力投球する など
    ・正しい事をイメージ化しよう。
     必要以上の成功を求めても必ず失敗する。